BLOGブログ
BLOGブログ

埼玉で、御朱印を受け付けている八坂神社のコラム

御朱印を受け付けている八坂神社のブログで分かりやすくご紹介

埼玉で御朱印を受け付けている八坂神社は自然環境に恵まれ、災害を祓い、健康長寿、家内安全、交通安全、商売繁盛、厄除け、縁結び、子宝、文芸など多岐にわたる御神徳を持つ神様と言われています神様を祀るのに相応しい神社です。
埼玉で御朱印を受け付けている八坂神社では、神様をよりどころに人生を安心して積極的に生きていただければと考えております。
皆様のご希望をお伺いし、最も適したご祈祷をご提案させていただきます。

  • くりはし夏祭り2018

    くりはし夏祭り2018【栗橋総鎮守八坂神社】

    2018/06/21
    今年もくりはし夏祭り時期が近づいてきました。 栗橋八坂神社の例祭から始まり大神輿への御神体の移動 7日は神輿引き車による町内の移動 14日、15日は阪東神輿会による町内一巡 15日は最後の宮入りから神輿振り 御神体が本殿へ戻り 祭りは終了を迎えます。 豪快な神輿の担ぎは必見です。是非いらしゃって下さい。 詳細はこちらへhttp://kuki.jpn.org/main/kankoukyoukai/natumaturi/kurihasi.html
  • 厄除け・家内安全・交通安全祈願は【栗橋総鎮守 八坂神社】へ~厄年・大厄を迎える時期~

    2018/06/05
    厄年は男性・女性により異なり、男性は本厄が数え年で25歳、42歳、61歳、女性の場合は19歳、33歳、37歳、61歳となっています。61歳は男女ともに厄年です。 特に男性で42歳、女性で33歳の厄年を「大厄(たいやく)」と呼び、人生の中でも様々な転機が訪れ、また大きな災難を招きやすい年齢と言われています。 厄年を迎える時期は、身体的・家庭環境的・社会的な転換期と重なり、医学が発展した現代の生活においても、様々...
  • 埼玉で厄除けをお考えの方は【栗橋総鎮守 八坂神社】へ~厄除けはいつから行うべきか~

    2018/06/05
    埼玉で厄除けをお考えの方は【栗橋総鎮守 八坂神社】にお越しください。 厄除け・健康長寿・家内安全・商売繁盛・子宝と多岐にわたり御神徳を持つ素戔嗚尊(すさのおのみこと)をお祀りしております。 人生の節目である厄年にあたり、神様のご加護をいただいて災厄が身に降りかかることのないよう、厄除けを行うことが古くからの日本の風習です。 自身が厄年を迎えても、いつから厄除け・厄払いをすれば良いのか、迷...
  • 埼玉という地域とともに歴史を刻んだ由緒ある【栗橋総鎮守 八坂神社】

    2018/06/05
    【栗橋総鎮守 八坂神社】は、元栗橋(猿島郡五霞村)に鎮座していたと伝わっておりますが、現在の場所には江戸時代初期に建立されました。 利根川から八坂神社の神様を鯉と亀が運んできたという言い伝えにより、【栗橋総鎮守 八坂神社】の御朱印には鯉と亀の印が記されてあります。 鯉は縁起の良い生物として、成長、隆昌、発展を表し、亀は健康長寿、堅忍不抜、集中力を表しているといわれています。また敷地内には、...
  • 新築の地鎮祭・上棟式・出張祭典は【栗橋総鎮守 八坂神社】へ~各種清祓いの費用や詳細はお問い合わせください~

    2018/06/05
    埼玉で新築の地鎮祭・出張祭典に関することでしたら、由緒ある【栗橋総鎮守 八坂神社】にお任せください。【栗橋総鎮守 八坂神社】では様々な出張式典を承っております。 地鎮祭・上棟式のほか、長年使われた井戸を埋める際に、井戸の神様へこれまでの水の恵みに対する感謝の気持ちを込めて行う「井戸埋祭」や、古くなった建物を取り壊す際、建物を祓い清め、家屋の守り神にこれまで長きにわたり無事に過ごさせていただい...
< 12 3 4 >

ARCHIVE

埼玉で安産祈願なら御朱印を受け付けている八坂神社です。
古来より、多岐にわたる御神徳を持つ神様、素戔嗚尊(すさのおのみこと) を祀っております。
お参りになりましたら、祈願をしたいとの旨を社務所にお申し出ください。
お申し込みの際には、神職よりご祈願のご案内をさせていただきます。
また、埼玉で厄除けを行うなら、栗橋地区地域と共に歩んできた神社として、各種祈願や地鎮祭等の出張祭典を受け付けており、地域に根差した由緒ある栗橋総鎮守 八坂神社へお越しください。
各種祈願や出張祭典は地元密着の神社ということを活かして、多くの皆様よりご好評いただいております。
また、埼玉で御朱印を集めるなら、社務所へ事前にご連絡いただくとよりスムーズに対応できます。
二の鳥居の方には立派な狛犬も設置されておりますので、併せてご覧ください。